PR
メニューバーの下にあるのが「新・かんたんナビバー」
メニューバーの下にあるのが「新・かんたんナビバー」
[画像のクリックで拡大表示]
プレビュー機能で見た目をチェックしながらCSSファイルを編集できる
プレビュー機能で見た目をチェックしながらCSSファイルを編集できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本IBMは2006年11月7日,Webページ作成ソフトの新版「ホームページ・ビルダー 11」を12月1日から出荷開始すると発表した。新たに,レイアウト部品やポッドキャスト・ページ作成支援機能などを搭載し,初心者がより容易にWebページを作成できるようにしたのが特徴。価格は1万3800円(標準パッケージ,税込)など。

 新版の主な強化点は三つある。一つ目は,ユーザー・インタフェースの改良。メイン・ウィンドウのメニューバーの下に,ワンクリックで様々な機能を呼び出せるアイコンが並ぶ「新・かんたんナビバー」を用意した。ユーザーが選択するオブジェクト(テキスト,イラスト,写真など)に応じて,アイコンの配列が変わり,その時点でユーザーができることをわかりやすく伝える。

 2点目は,スタイルシート(CSS)を使ったページ・レイアウトを支援する機能を強化したこと。スタイルシートの知識がなくても,ドラッグ&ドロップ操作で簡単にページ・レイアウトができるレイアウト用部品(写真ボックス,テキストボックスなど)を145種類用意した。ボックス単位でそれぞれに書式や色を自由に設定でき,その結果はスタイルシートのファイルに反映される。

 また,スタイルシートの扱いに慣れた上級者に向けて,CSSファイルの中身と実際のWebページを並べて表示する「プレビュー機能付きCSSエディタ」も新たに搭載した。プレビューで見た目の変化を見ながら,CSSファイルの編集ができる。

 三つ目は,音楽ファイルなどを配信するポッドキャスト・ページを容易に作れる機能を追加したこと。自分のWebページで配信するポッドキャストの最新情報をまとめたRSSファイルを作成するGUIツールも搭載した。

 そのほか,アクセス制御ファイル(.htaccessファイル)の設定支援機能や,ファイルのアップロード前にリンク切れをチェックする機能などを新たに搭載した。

 対応OSは,Windows 2000/XP。Windows Vistaには,Vista発売後に対応する予定である。