PR
MIFES for Windows Ver.8.0(仮称)
MIFES for Windows Ver.8.0(仮称)
[画像のクリックで拡大表示]

 テキスト・エディタ「MIFES」を開発するメガソフトは2006年11月8日,2007年2月に出荷を予定している最新版「MIFES for Windows Ver.8.0」(仮称)のベータ版の公開を開始した。2005年1月に出荷した現行版からおよそ2年ぶりの新版となる。なお,2005年8月にはWindowsのDOS窓で動作する版を同こんしたパッケージ製品を出荷して話題を呼んだ。

 MIFESは,1985年の「MIFES-98バージョン1.4」以来,20年の歴史を持つテキスト・エディタである。出荷実績は累計200万本を超える。1988年にビレッジセンター(技術評論社)が出荷した「VZ Editor」と並び,当時はPC-9800シリーズとMS-DOSの環境下におけるエディタの代表格として君臨した。

 今回ベータ版を公開する新版では,内部構造を改善して高速化を図ったほか,複数の機能追加を施した。高速化では,200Mバイトの巨大ファイルの最後にある文字を検索させたところ,従来版と比べて約50倍速くなったという。UI機能では,2つのファイルを並べて表示して差分を視覚的に表示させる機能などを追加し,作業効率を高めたとする。文字コード関連の拡張では,Unicode特有文字を扱えるようにした。文字コードごとにフォントを設定することも可能である。