PR

 金融庁は11月8日、11月6日に開催した企業会計審議会第14回内部統制部会で配布した資料をWebサイトで公開した。同部会で議論した、日本版SOX法の「実施基準」草案(以下、実施基準案)に関する資料を入手できる。ただし、まだ議論の途中であり、実施基準の草案を正式に公開する際に、内容が変更される可能性もある。

 実施基準は、日本版SOX法が求める内部統制整備の指針(ガイドライン)。今回公開した資料は、(1)実施基準案の「内部統制の基本的枠組み」(資料1-1)、(2)「財務報告にかかる内部統制の評価および報告」(同1-2)、(3)「財務報告にかかる内部統制の監査」(同1-3)、および、(4)これら3文書のポイントを3ページでまとめた「参考資料」(同2)の4種類である。

 第14回部会では、(1)と(2)に関して議論した(関連記事)。11月20日に開催予定の第15回部会で(3)を議論した後に、草案を公開。パブリック・コメントを反映させた上で、年末あるいは2007年初めにも正式版を公開すると見られる。

※昨年の「基準案」公開以降の経緯については,「ニュースでたどる『実施基準案』公表まで」(内部統制に関する総合サイト『内部統制.jp』)を参照していただきたい。