PR
コンテンツ・アシスト機能
コンテンツ・アシスト機能
[画像のクリックで拡大表示]
エラー・メッセージを日本語化
エラー・メッセージを日本語化
[画像のクリックで拡大表示]
jscaffold(自動生成されるアプリケーションscaffoldの日本語化)
jscaffold(自動生成されるアプリケーションscaffoldの日本語化)
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワーク応用通信研究所(NaCl)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は11月9日,Ruby on Railsの開発運用環境「Rails Platform」を発売した。11月下中に出荷する。NaClは,Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏が在籍している。

 Rails Platformは,EclipseベースのRuby on Rails向け統合開発環境RadRailsのメニューを日本語化し,日本語インストーラ,サポート・サービスを付加したもの。稼働OSはWindows XP。データベースMySQLなども一度にインストールされ,パソコン1台でWebアプリケーションの開発やテストを行うことができる。

 価格は,1年間のアップデートサービスと,1年間のメールによる回数無制限の問い合わせ対応がついたRails Platform Basicが5万円。Rails Platform Basicに,3日間のトレーニングが付属したRails Platform Premiumが20万円。トレーニングはNaClが提供する。Rails Platformのサイトを介してオンラインでも販売する。

 また両社は今後,Linux上での大規模なアプリケーションの運用環境を開発中であるという。

 Rubyはオープンソースのオブジェクト指向言語で,海外にも多くの利用者がいる。Ruby on RailsはDavid Heinemeier Hansson氏が開発したWebアプリケーション向けフレームワークで,開発生産性の高さが特徴である(関連記事)。