PR
「Windows Defender」の画面
「Windows Defender」の画面
[画像のクリックで拡大表示]
発行元が「不明な発行元」になっている
発行元が「不明な発行元」になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2006年11月10日、スパイウエア対策ソフト「Windows Defender」の正式版を公開した。無償で利用できる。スパイウエアの侵入を常時監視する機能、スケジューリングや手動でハードディスクをスキャンし、スパイウエアの有無を調べる機能を備える。スパイウエアを特定するためのパターンファイルは自動アップデートされる。

 動作OSは、Windows XP Service Pack2以降、Windows Server 2003 Service Pack1以降、Windows XP Professional x64 Edition。Windows Vistaには標準で搭載される。

 なお、11月10日の午後4時時点でインストーラ「windowsdefender.msi」の発行元が「不明な発行元」となっている。この点については、「11月10日中には発行元を修正したものをアップロードする」(マイクロソフト)。ほぼ問題はなかろうが、発行元がマイクロソフトであることを確認できるようになってからインストールした方が無難だろう。