PR
米マイクロソフト Windows & Windows Live エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのスティーブン・シノフスキー氏
米マイクロソフト Windows & Windows Live エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのスティーブン・シノフスキー氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2006年11月15日、企業ユーザー向けに「the Microsoft Conference 2007」イベントを開催。開発が完了した「Windows Vista」をはじめ「the 2007 Microsoft Office system(Office 2007)」「Exchange Server 2007」「SharePoint Server 2007」など、同社が近く提供開始予定の製品をデモンストレーションした。これらの製品群を活用することで、ビジネスシーンにおける共同作業、情報の検索・分析、メールやオフィス文書などのコンテンツ管理と保護、ITコスト削減とセキュリティ強化がより効果的に実現できるとうたう。

 Windows VistaとOffice 2007については、「強調したいのは新しいインタフェース。何万ものユーザーの意見を聞いた結果を反映して非常に使いやすいものになった」と、米社でWindows & Windows Live エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるスティーブン・シノフスキー氏は語る。例えばOffice 2007では、画面最上部に用意されたタブが、ユーザーの作業の流れを予測した順番に並ぶ。デモでは、タブの下に表示されるコマンド(各種の設定ボタンなど)が、ユーザーの作業に合わせて随時変化する様子などが紹介された。

 この2製品では、ユーザー同士のコラボレーション機能が強化されているのが特徴の1つだ。Windows Vistaでは、「Windows ミーティング スペース」(旧称Windows Collaboration)機能のデモが披露された。無線LANに対応したパソコン同士でデータを共有できる。同じPowerPointファイルを複数のユーザーで閲覧したり、相互に編集したりすることが可能なため、社内の会議などでのデータ共有が簡単になる。

 さらにOffice 2007のラインアップの1つ「Groove 2007」では、P2Pの機能を使って、自社の異なる事業所や他社のユーザーとのデータ共有が容易にできる点が紹介された。データはクライアントのパソコン上にあるため、サーバー管理者が特別に設定を行う必要はないという。

 業務/文書管理機能などを併せ持つグループウエア用サーバーソフトSharePoint Server 2007の新機能としては、共有ファイルやサーバー上の情報の更新を、RSSフィードで配信できる点が挙げられた。また、サーバーに保存されているExcel 2007ファイルをHTML化し、Webブラウザーから閲覧することが可能だという。

 電子メール/グループウエア用のサーバーソフトExchange Server 2007では、電話からのアクセスが可能となる。デモでは電話のプッシュボタン機能を使ってExchangeにアクセスし、新着メールの件数や会議の予定を確認する様子が紹介された。