PR
米マイクロソフトのスティーブン・シノフスキー上級副社長
米マイクロソフトのスティーブン・シノフスキー上級副社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「ITコストの削減やコンプライアンスへの対応を進めながらも、社員の力を引き出し、時間や場所を越えたビジネスを実現する。それがWindows Vistaと2007 Office Systemだ」。米マイクロソフトのスティーブン・シノフスキー上級副社長は、11月15日に東京で開催された「the Microsoft Conference 2006」で、こう訴えた(写真)。同氏はクライアント向けWindowsとオンライン・サービスWindows Liveの開発を統括している。現職の前は、Office 2007を始めOffice製品の開発を長く統括してきた。

 シノフスキー上級副社長は、個人の生産性向上とチーム・組織の生産性向上という二つの観点から、Windows VistaとOffice 2007の特徴を紹介した。個人の生産性については「新しいユーザー・インタフェースが特に重要だ。我々は世界中の何千人というテスト利用者からのフィードバックを基に、両製品のUIを改良してきた」と強調。Windows Vistaの3次元GUI「エアロ」や、「結果志向」と呼ぶコンセプトを採用したOffice 2007の新UIを紹介した。

 一方、チームや組織レベルの生産性に関して、シノフスキー上級副社長が挙げたポイントは四つある。シンプルな共同作業の実現、情報の効果的な検索と活用の支援、情報コンテンツの保護と管理、ITコストの削減とセキュリティの強化である。その上で、それぞれを支えるWindows Vistaの機能やOffice 2007の製品を紹介した。

 例えばシンプルな共同作業では、「デスクトップPCやノートPC、携帯電話、IP電話など、コミュニケーションのデバイスは多様化している。異なるデバイスを統合した、ビジネス・コミュニケーションが必要だ」(シノフスキー上級副社長)。Exchange Server 2007とOutlook 2007を組み合わせて、PCもなくインターネットに接続できる環境もない状態で、電話をかけて音声でOutlook上のスケジュールを確認するデモを実施した。

 最後にシノフスキー上級副社長は、会場に展示してあるWindows VistaやOffice 2007搭載パソコンに触れて、「実際に新製品に触れて評価し、新しい仕事の世界をぜひ体験していただきたい」と講演を締めくくった。