PR

 アマゾンは11月15日,Amazonアソシエイト・プログラムのメンバー向けに,オンラインストア作成ツール「インスタントストア」の正式版とコンテンツマッチ広告ツール「Amazonおまかせリンク」の改善版をリリースした。

 同時に,インスタントストアの優秀な利用法を審査・表彰するインスタントストア・コンテストを今年末まで実施するとともに,両リンクからの紹介に対して2%のボーナス紹介料を追加で支払うキャンペーンを行う。

 インスタントストアは,プログラミング知識がなくても,画面に表示された手順に従った簡単な操作で自分のオンラインストアが作成できるサービスで,Amazonアソシエイト・プログラムのメンバーが利用できる。インスタントストアを使えば,Amazon.co.jpで販売している商品の中から好きな商品を選択し,自分のストアに掲載できる。Amazon.co.jpに掲載されている「商品詳細」や「カスタマーレビュー」などの情報も利用者のページに表示される。

 インスタントストア上には,オンラインショッピングには欠かせないショッピングカート機能も搭載されるが,最終的な決済はAmazon.co.jpで行う。8月にベータ版を公開していたサービスの正式版を今回リリースした。メンバーから寄せられた意見を反映し,インスタントストア内で表示できる商品数を9個から54個に拡大したほか,1つのアカウントで複数のストアを作れるなど,サービスの向上を図ったという。

 インスタントストア・コンテストは,インスタントストアを利用して作成したWebサイトを対象に実施する。11月15日から12月15日までにアソシエイト・メンバーからの応募を受け付け,優秀な使用例の中から「ベストインスタントストア大賞 1名(賞品はAmazonギフト券 20万円分),第2位 1名 (同10万円分),第3位 1名(同5万円分)のほか,クリスマスをテーマに作成されたインスタントストアを対象としたクリスマスストア賞 1名(同10万円分)を選出する。各賞は2007年2月上旬に,Amazonアソシエイト・プログラムのメンバー専用ページで発表する。