PR
日本オラクルの桑原宏昭エンタープライズアプリケーション営業統括本部長(右)とOISシニア・ディレクターのメラニー・ローズ氏
日本オラクルの桑原宏昭エンタープライズアプリケーション営業統括本部長(右)とOISシニア・ディレクターのメラニー・ローズ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 日本オラクルと日本オラクルインフォメーションシステムズ(OIS)は11月20日、年商500億円以上の小売業をターゲットにした事業戦略を共同で展開すると発表した。同日付けで新規プロジェクト「オラクル・リテイル・ジャパン」を日本オラクル内に発足。同プロジェクトを足がかりにして、小売業向け市場に本格参入する。まずは、オラクル・リテイル・ジャパンが直接顧客を開拓する。その後、そこで得たノウハウをパートナー企業と共有して販売を拡大していく戦略だ。

 新たに発足したオラクル・リテイル・ジャパンは、日本オラクルと100%子会社であるOISの共同プロジェクトという位置づけ。統括責任者には、日本オラクルからは常務執行役員である桑原宏昭エンタープライズアプリケーション営業統括本部長、OISからは小売業向け事業を統括するシニア・ディレクターのメラニー・ローズ氏が就任する。同プロジェクトの人員は25~30人を想定。「基本的に小売業のビジネスに精通した外部の人材で固めていく方針だ」(桑原本部長)。

 また、新たに小売業に特化したパッケージ製品群「Oracle Retail」を体系化した。収益管理の「Retail Profit Optimization」、需要予測など商品計画管理の「Merchandising Planning」、在庫管理の「Supply Chain Planning&Optimization」など複数のパッケージで構成する。日本オラクルのミドルウエア製品「Fusion Middleware」をプラットフォームにすることで、一つのユーザーインタフェースで相互に連携したシステムを構築できる。ユーザー企業が構築済みの既存システムと連携させることも可能になる。

 さらに、導入前のコンサルティングサービス「Oracle Retail Insight Program」を用意した。Oracle Retailの導入効果を3~8週間で無料診断する。Oracle Retailは、ERPからSCM、商品計画など広範囲に及ぶパッケージ製品群のため、すべてを短期間に導入することは現実的ではない。まずはコンサルティングを通じて「5~8年先を見据えたIT戦略をロードマップとして提案していく」(ローズ氏)ことになる。小売業向けを得意とする数社のパートナー企業には、こうした提案段階から一緒に活動し、Oracle Retailの販売ノウハウを体得してもらう考え。実際の導入段階では、パートナー企業が主導していく。