PR
USB接続でワンセグ放送を視聴・録画できる「W-one」
USB接続でワンセグ放送を視聴・録画できる「W-one」
[画像のクリックで拡大表示]
回転コネクターによって、チューナーが邪魔にならないように取り付けられる
回転コネクターによって、チューナーが邪魔にならないように取り付けられる
[画像のクリックで拡大表示]

 グリーンハウスは2006年11月27日、USB接続のワンセグチューナー「W-one(ダブル-ワン)」を発表した。価格はオープンだが、約1万800円の見込み。発売は12月中旬を予定している。

 視聴には付属ソフトの「iWINGTVプレーヤー」を利用する。視聴中の番組の録画や、EPGやiEPGを利用した予約録画も可能だ。録画した番組は暗号化され、録画したパソコンでしか再生できない。画面をキャプチャーする機能も搭載した。こちらはBMP形式で保存され、キャプチャーしたパソコン以外でも閲覧できる。追っかけ再生ができる「タイムシフト機能」も搭載する。

 本体にはシリコンカバーを採用し、耐衝撃性を高めたという。USBコネクターを360°回転できる「くるくるアダプタ」が付属し、好みの方向に取り付けられる。幅88×奥行き11×高さ27mm。対応OSはWindows XP。

 USBワンセグチューナーはバッファローやロジテックも発売しているが、品薄が続き、現状で両製品とも入手困難な状況。グリーンハウスでは「2007年3月までに10万台の販売を目指す」という。