PR
「URL付きメール拒否機能」のサービス・イメージ(NTTドコモのプレスリリースから引用)
「URL付きメール拒否機能」のサービス・イメージ(NTTドコモのプレスリリースから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは11月29日,出会い系サイトやアダルト・サイトなどへのリンク(URL)を含むメールを受け取らないようにできる「URL付きメール拒否機能」を2007年4月上旬から提供することを発表した。

 URL付きメール拒否機能とは,“怪しい”URLが含まれるメールを,NTTドコモのサーバーで受信拒否する機能。同社によれば,現在流通している迷惑メールの多くには,出会い系サイトやアダルト系サイトへ誘導するためのURLが記述されているという。そういったメールをサーバー側で排除することで,ユーザーの携帯電話機まで送られる迷惑メールの数を抑える。

 URLが怪しいかどうかは,ネットスターが提供するURLデータベースを利用する。同データベースにおいて,「出会い系」「アダルト系」「違法など」などのカテゴリに該当するURLがメールに含まれている場合には,URL付きメール拒否機能によって受信拒否する。

 URL付きメール拒否機能を利用するかどうかはユーザーが選択する。iモード対応端末から「iMenu」にアクセスすれば,同機能を有効にできる。

NTTドコモの情報
ネットスターの情報