PR

 NHKが,番組の伝送部門の会計をほかの部門から分離する作業を進めている。伝送部門とは,地上波放送の電波塔やBS放送の衛星を通じて番組を家庭に送り届ける業務を担う部門のことである。この伝送部門の会計を,番組制作などの部門と区別しようというのある。早ければ2007年度から実施する。これは政府と与党が2006年6月20日に合意した通信・放送改革の基本方針に基づく措置である。

 NHKの伝送部門と他部門の会計分離を打ち出した政府・与党合意に先立つ6月6日,当時の竹中平蔵総務相が主催した私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」がまとめた報告書で,「NHKの伝送部門を本体から分離して子会社とすべき」と提言されていた。しかしNHKの抵抗に遭い,結局政府と与党の合意段階で,伝送部門を本体に残したまま「会計を峻別(しゅんべつ)する」という表現に後退した。

 懇談会で報告書の取りまとめに携わっていた関係者は,「中途半端な形になったが,方向は間違ってない」と将来に期待する。報告書をまとめた総務相のスタッフや懇談会のメンバーなどの関係者の念頭には,ある壮大な構想が描かれている。NHKが伝送部門の会計を峻別することで,その構想の実現に向けた第一歩が踏み出されると期待しているのである。