PR
写真 ノキア・ジャパンが発表したスマートフォン「E61」
写真 ノキア・ジャパンが発表したスマートフォン「E61」
[画像のクリックで拡大表示]

 ノキア・ジャパンは12月8日,携帯電話機「Nokia E61」を年内に出荷すると発表した。今年6月に概要を明らかにしていた企業ユーザー向けのスマートフォンである。フルキーボードと無線LANを搭載するほか,W-CDMA/GSMに対応(写真)。VoIP機能や,社外から社内のメールを利用できる機能を備える。通信事業者による利用制限がある「SIMロック」(SIMはsubscriber identification module)をかけていたいため,海外などでSIMカードを差し替えて利用できる点も特徴だ。エンタープライズ・ソリューションズ事業部の森本昌夫カントリージェネラルマネージャーは「クリスマス前に出荷したい」という。

 同社は,協業ベンダーが提供するソフトウエアやミドルウエアと組み合わせたソリューションを多数そろえていく計画。特に,モバイル・メールや企業の音声コミュニケーションに注力する。例えばE61は,企業のメールをモバイル環境で使うBlackBerryの日本語端末として利用可能。また音声分野では米シスコ,米アバイアと提携済みで,それぞれの製品と組み合わせたソリューションを提供できる。製品発表会でも,アバイアのソフトフォン「Avaya one-X Mobile Edition」を使った通話のデモを披露した。さらにE61では「標準的なSIPに対応するのでAsteriskとの互換性も確保した」(森本マネージャー)。今年6月にソリューション面での協力を発表していたNECや富士通などともソリューション開発を進めており,来年早々にも成果の一部を公表できるだろうとした。

 販売代理店は兼松コミュニケーションズとダイワボウ情報システム。「ノキア・ストア」,「ノキア・オンラインショップ」を通じても販売する。価格は,ノキア・オンラインショップで購入する場合,5万7540円(税込)である。なお6月の発表時にはフルキーボードなしの「Nokia E60」を発売するとしていたが,「次機種に期待する」として発売を見合わせた。