PR
発売される「セキュリティかるた」
発売される「セキュリティかるた」
[画像のクリックで拡大表示]

 日立システムアンドサービスは2006年12月11日、情報セキュリティに関する理解や意識の向上を目的としたかるた「セキュリティかるた」を2006年12月14日に発売すると発表した。価格は1800円。「あ」から「ん」のそれぞれの文字から始まる、情報セキュリティを題材とした句が45句収められている。情報セキュリティ大学院大学の板倉征男教授が監修を務めた。翔泳社のSEshop.comで販売する。

 かるたの読み札に書かれているのは、同社が2005年から公開する「情報セキュリティブログ」の連載記事「セキュリティかるた」で取り上げられた句。「怪しいと 感じたメールは 開かない」、「巧妙に サイトに誘導 フィッシング」、「それ私物! 持込パソコン 要注意」など、いずれも情報セキュリティを題材としている。すべての句に対する解説書も付属する。

 なおブログのセキュリティかるたは毎週1句ずつ紹介する形を採っており、現時点ですべての句は掲載されていない。ブログには、今回発売するかるたに収録された句を、今後も同様のペースで公開していくという。