PR
ACアダプターのラベルに「JRC」のロゴが刻印されているのが対象になる(発表資料より)
ACアダプターのラベルに「JRC」のロゴが刻印されているのが対象になる(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂は2006年12月15日、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」「ニンテンドーDS Lite」に添付しているACアダプターの一部に不具合があり、無償交換を実施すると発表した(発表資料)。

 交換対象のACアダプターを添付した製品は、日本国内で出荷済みの約1300万台のうち、ニンテンドーDSが約8万台、ニンテンドーDS Liteが約12万台である。ニンテンドーDSは2006年1~6月出荷分の、ニンテンドーDS Liteは2006年7~10月出荷分の、それぞれ一部が該当する。ACアダプターの充電回路が故障して正常に充電できない可能性がある。また故障した状態で通電した場合、発熱や発煙が起こる可能性がある。

 該当品はすべて長野日本無線製であり、ACアダプターのラベルに日本無線を示す「JRC」のロゴが刻印されている。任天堂は該当品のユーザーに対して、電話(0120-210-557)にて交換を申し込むよう呼びかけている。また、交換品が届くまでの応急措置として、(1)充電中に本体の充電ランプが点灯しているか確認する、(2)充電中以外はACアダプターをコンセントから抜いておく、(3)発熱や発煙などの異常を感じたらただちにACアダプターをコンセントから抜く、(4)ACアダプターの周辺に燃えやすいものを置かない、(5)ACアダプターを落とすなど衝撃を与えない、などを呼びかけている。

 今回の不具合は、長野日本無線におけるACアダプターの製造工程が原因となっている。「長野日本無線の製造ラインにある冶具の一部に不備があり、製造時に部品にストレスを与えてしまった。ただし、ACアダプターのきょう体には難燃性素材を使用しているため、発熱・発煙はあっても発火に至ることはないと考えている。当社で実施した再現試験でも、発火には至らなかった」(任天堂 広報室)という。