PR

 京都大学大学院の情報学研究科は2007年2月20日、産学連携のためのマッチング・イベント「京都大学ICTイノベーション2007」を開催する。大学院生や研究員が研究成果を発表し、共同研究や事業化などで連携を希望する企業を募る。

 京都大学ICTイノベーション2007では、「多視点映像を用いた高精度3次元形状・運動復元」、「軽量セマンティックWebサービスプラットフォーム」など50のテーマについて研究成果を発表する。京大・情報学研究科の石田亨教授は、「できるだけ東京の企業を集め、当校で実施している研究内容を知ってほしい。テーマが50もあれば、東京の企業も集められるのではないか」と期待する。

 これまで、京大の研究を東京の企業に知ってもらう機会はほとんどなかったという。「プレスリリースを出しても記事が載るのは、新聞の地方面だけ。通信社に取材されても、東京版にはその内容は配信されない。インターネットで公開しても、もともと興味のある人にしか訴求できない」(石田教授)からだ。

 今回のイベントは、こうした状況を変えるために企画した。今後は、「東京の企業を含めた産学連携の人脈を作っていきたい」(石田教授)としている。