PR

 米Microsoftのセキュリティ・チームは12月15日,公式ブログにおいて,「Microsoft Office for Mac」用のアップデート・プログラムを次の週末に公開する予定であることを明らかにした。同アップデートには,先週誤って公開されたセキュリティ・パッチを削除する機能が含まれる。

 Microsoftは先週,テスト中のセキュリティ・アップデート(パッチ)を人的ミスにより誤って公開した(関連記事:テスト中の「Office for Mac」用パッチを誤って公開)。このパッチには,セキュリティに関係しない修正(アップデート)も含まれていた。

 今度公開する予定のアップデートは,誤って公開されたパッチに含まれていたセキュリティに関係しない部分を抜き出したもの。テストが完了したこの部分を,単独のアップデートとしてリリースする。

 同アップデートは,誤って公開されたパッチを削除する機能も備える。このため同パッチを適用してしまったユーザーは,今度公開されるアップデートを適用する必要がある。

 同社では,誤って公開されたパッチを適用したユーザーに限らず,すべてのOffice for Macユーザーに対して,公開され次第,新しいアップデートを適用するよう勧めている。

Microsoft Security Response Center Blog