PR

 マイクロソフトの現行OS「Windows XP Home Edition」のサポート期限を延長するという報道があった問題で,マイクロソフト日本法人は「延長してほしいという要望を米国本社にそれを伝えているのは事実だが,決定事項は何もない」と現時点では白紙に近い状態であることを示唆した。報道の一部にあった日本語版だけ延長するという内容に関しては「各国版の修正モジュールはまとめて米国で開発している。言語特有の問題でない限り,日本語版だけ修正モジュールを提供することはあり得ない」ときっぱり否定した。

 マイクロソフトのコンシューマ向け製品は,セキュリティの修正モジュールを受けられるサポート期限が,次期製品が発売されてから2年間と設定されている。次期製品「Windows Vista」の出荷が2007年1月30日と正式決定したため,Windows XP Home Editionのサポート期限は2009年1月となり,ユーザーからサポート期限の延長が望まれていた。その一方で,ビジネス向け製品はさらに5年間サポート期限が長く,Windows XP Professionalは2014年1月までサポートが受けられる。