PR

 開発ツール大手のボーランドは,チーム開発に携わる開発プロジェクト向けに,システム要件の管理支援ソフトの新版「Borland CaliberRM 2006 日本語版」を,2007年1月17日に出荷した。バージョン管理ソフトやテスト工程管理ソフトとの連携機能を強化し,仕様変更に伴うワーク・フローをより円滑に実施できるようにした。価格は1ユーザー25万2000円から。

 CaliberRMは,業務アプリケーション開発において,開発要件(仕様)をリポジトリで一元管理するソフト。クライアント/サーバー型で動作する。紙に印刷した要件定義書(仕様書)をファイリングして管理する従来の方法に比べ,システム化することで開発プロジェクトが円滑に進ちょくするというシナリオだ。

 仕様と仕様の依存関係を管理し,ある仕様を変更/追加した場合に,別のどの仕様に影響が及ぶかを把握できる。仕様の変更/追加のワーク・フロー機能も備える。別途,構成管理/変更管理ツールの「Borland StarTeam」と組み合わせることで,仕様変更が及ぼす影響の範囲をソースコードにまで広げられる。これにより,仕様変更に伴うソースコードの変更依頼を円滑に実施できる。

 新版では,構成管理/変更管理ツールを用いた場合に,仕様と実装の依存関係を管理する機能を強化した。依存関係情報そのもののバージョン管理機能やフィルタ機能により,仕様変更時の影響範囲の分析が従来版よりも短時間で可能になるという。さらに,Borland SilkCentral Test ManagerやMercury Quality Centerなどのテスト工程管理ツールを用いることで,仕様変更とテストを連携できるようにした。

 加えて,EclipseやVisual Studioなどの統合開発ツールに組み込んで利用できるようにした。個々の要件の表現力を向上させる機能として,Visioの図やExcelの表といったWindowsのOLEオブジェクトも挿入できるようにした。