PR
アドビ システムズのギャレット イルグ社長
アドビ システムズのギャレット イルグ社長
[画像のクリックで拡大表示]
ユーザーはApolloの実行環境をダウンロードして利用する
ユーザーはApolloの実行環境をダウンロードして利用する
[画像のクリックで拡大表示]
アプリケーション上でPDFを作成したり、電子署名を付けることも可能
アプリケーション上でPDFを作成したり、電子署名を付けることも可能
[画像のクリックで拡大表示]
オークションサイト「eBay」を利用してWebカメラで撮影した画像をその場で登録してみせた。画像はFlashを使って写真をめくるように見られる
オークションサイト「eBay」を利用してWebカメラで撮影した画像をその場で登録してみせた。画像はFlashを使って写真をめくるように見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビ システムズは2007年1月17日、2007年度事業戦略説明会を開催した。その中で、FlashやPDFを利用できる新しいアプリケーション実行環境「Apollo」(開発コード名)の情報を公開。2007年には開発者向けのベータ版を配布、2007年後半には正式版を公開する予定だ。

 ApolloはFlashやPDF、HTMLなどを一つの環境で利用できる新しいデスクトップ上のアプリケーション実行環境。アドビ システムズのプロダクト&セールスエンジニアリング部プロダクトスペシャリストの太田禎一氏はWindows Vista サイドバーガジェットやYahoo!ウィジェットを例に挙げ、「Apolloは、それらのツールをよりパワフルなものにするために考えられたデスクトップアプリケーションに対するアドビ システムズの回答」と位置付けた。

 ApolloはWindows、Mac OS、LinuxなどOSに依存せずに単独で実行できるのが特徴。Webブラウザーを必要としないため、ウインドウ形状やインタフェースなど既定のブラウザーによるさまざまな制限を受けずに済むという。ローカルに保存してある画像や楽曲のファイルを利用するようなアプリケーションなど「脱ブラウザーに適したWebアプリケーションを“Apollo化”するメリットは大きい」(太田氏)。ユーザーが実行したデータをキャッシュし、オンラインになった時にその情報を送信するなど、オフラインの状態でも実行できる点もWebブラウザーとの違いだという。利用者側にとっても、Apolloを使うことでローカルでの作業に近い操作感とスピード感を得られるため、利便性が向上するとした。

 アドビ システムズのギャレット イルグ社長は、このApollo以外に「Creative Suite」や「Acrobat 3D」などのPC向けソフトウエア製品や、モバイル向けの「Flash Lite」の次期バージョンなども2007年中に市場に投入することを表明。2007年度の売り上げ目標を30億米ドルと説明した。