PR

 日本CAは、複数のWebアプリケーションへのユーザ認証やアクセス制御機能を一元管理できるシングルサインオン(SSO)製品の新版「eTrust SiteMinder r6.0 SP5」を発表、1月18日から出荷を開始した。

 SiteMinderを使うと、エンドユーザーは、一つのIDとパスワードを使って、複数のWebアプリケーションにアクセスできる。アプリケーションごとにアクセス権限を管理する機能や、コンプライアンスのための監査・レポート機能など備える。新版では、グループ企業や取引先など、異なる認証基盤を持つシステム間で認証を連携できる「フェデレーション」機能を強化したのが特徴。

 例えば、外部のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスなどを利用している場合も、同一のID、パスワードでアクセスすることが可能になる。また、マイクロソフトが提供するシングルサインオン向け機能「Active Directoryフェデレーションサービス(ADFS)」にも対応した。日本CAは今後、SiteMinderとActive Directoryを組み合わせたシステムの販売でマイクロソフトと協業していく。共同セミナーの開催などを予定している。

 日本CAは、日本版SOX法対応向けに注目が高まっているアイデンティ管理製品「CA Identity Manager」などと合わせて、内部統制強化のためのセキュリティ基盤として拡販していく狙いだ。小屋敷泰教マーケティング部部長は「内部統制システムの構築に向けてシングルサインオンの導入を検討する企業が増えている。シングルサインオンは、セキュリティ製品にしては珍しく、TCO削減や工数削減につながる分野で、ユーザー企業における導入効果も高い」と話す。

 eTrust SiteMinderの価格は100ユーザー52万4000円から。東芝情報システムやニッセイ情報テクノロジーなど、約20社のeTrustパートナーを通じて販売する。従業員数が1000人以上の中堅・大手企業をターゲットとしており、日本CAがユーザー企業への直接営業で販売パートナーを支援する。