PR

 米Microsoftは米国時間1月17日,一般発売が迫った次期OS「Windows Vista」の新しいアップグレード・サービス「Windows Anytime Upgrade」やダウンロード販売,複数ライセンス購入者に対するディスカウント・プログラムなどを発表した。

 Windows Anytime Upgradeは,VistaユーザーがオンラインでVistaのエディションをアップグレードできる新しいオプション。アップグレードを希望するユーザーは,Vistaの「スタート」メニューの「Windows Anytime Upgrade」オプションをクリックし,エディションを選択する。オンラインで購入手続きを済ませると新しいデジタル・キーが提供される。スクリーン上の指示に従って操作すれば,アップグレードが完了できるという。

 アップグレード価格は,Home BasicからHome Premiumが79ドル,Home BasicからUltimateが199ドル,Home PremiumからUltimateが159ドル,BusinessからUltimateが139ドル。同オプションは,1月30日から利用できる。

 Microsoftは,Windows関連製品を販売するオンライン・ストア「Windows Marketplace」でも,VistaとMicrosoft Officeの次期バージョン「2007 Microsoft Office」を1月30日より提供する。同サイトからは,Vistaのアップグレード版「Windows Vista Business」「同Home Basic」「同Home Premium」とOffice 2007の全バージョン「Home and Student」「Professional」「Standard」のダウンロード購入が可能となる。同サイトで提供するVistaは英語版のみ。32ビットと64ビット・バージョンを用意する。

 また,Microsoftは,複数のパソコンを所有する家庭向けのディスカウント・プログラム「Windows Vista Family Discount」を展開する。同プログラムでは,1月30日~6月30日までに小売店でVistaのUltimate版を購入したユーザーに対し,家庭内の別のパソコン向けにHome Premium版のライセンスを割引価格で提供する。価格は,1ライセンスにつき49.99ドル。2ライセンスまで購入できる。

 同プログラムを通じて,Home Premium版の購入を希望するユーザーは,オンライン上で手続きができる。購入したUltimate版のキー番号を入力して,有効だと確認されるとHome Premium版のライセンスが購入できる。同プログラムは,北米のユーザーが対象となる。

発表資料へ