PR

 マイクロソフトは2007年1月19日、「Excel 2000」向け修正プログラムの改訂版を公開した。当初公開された修正プログラムを適用すると、一部のExcelファイルを開けなくなる場合があった。今回公開された改訂版は、その問題を修正した。Microsoft Updateなどから適用できる。

 改訂版が公開されたのは、「Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される (927198) (MS07-002)」のExcel 2000向け修正プログラム。1月10日に公開されたExcel 2000向け修正プログラムには、適用すると一部の文書ファイルを開けなくなる問題が見つかった(関連記事)。

 原因は、この修正プログラムを適用したExcel 2000ではファイルに埋め込まれているふりがなを適切に処理できなくなるため。開けなくなるのは、実行モードを日本語や韓国語、中国語に設定したExcel(Excel 2000に限らない)で作成したファイルに限られる。

 マイクロソフトは1月12日にこの問題を公表(サポート技術情報)。調査を進めていることを明らかにするとともに、回避策として「Excel 2000以外のExcel(Excel 2002/2003あるいはExcel Viewer 2003)を利用する」ことを挙げていた。

 そして今回、マイクロソフトは修正プログラムの改訂版を公表した。改訂版を適用すれば、今回の問題を解消できる。改訂版は通常の修正プログラムと同じように、Microsoft UpdateOffice Updateセキュリティ情報のページなどから適用できる。