PR

 常陽銀行は2007年1月,三菱東京UFJ銀行のシステムをベースに構築した基幹システムを稼働させた。同システムは,三菱東京UFJ銀行が利用する預金や融資,外為などの勘定系システムと情報系システムを拡張。常陽銀行および,百十四銀行,十六銀行,南都銀行の地方銀行4行が参加する「地銀共同化システムプロジェクト」の第一弾として稼働を開始した。今後,百十四銀行や十六銀行,南都銀行も順次,同システムに移行する。

 開発・運用コストを抑えるとともに,顧客ニーズに迅速に対応するのが狙い。地方銀行以外のシステムをベースとした地方銀行共同化形態は国内初めてという。同システムへの移行後も,三菱東京UFJ銀行から継続的に業務プログラムの提供を受ける。開発・保守・運用は日本IBMが手掛ける。