PR
 米AMDは米国時間1月23日に,2006年第4四半期と通期の決算を発表した。第4四半期の売上高は17億7000万ドルで前年同期比31%増加した。純損失は5億7400万ドル(希薄化後の1株あたり損失は1ドル8セント)。前年同期は9600万ドル(希薄化後の1株あたり利益は21セント)の黒字だった。

 なお,当期の数字には,カナダATI Technologiesの買収/統合関連費用5億5000万ドルと,従業員の株式報酬費用2700万ドルが含まれる。ATI事業を除いた場合の売上高は13億7400万ドルで,前年同期比2%増にとどまった。

 GAAPベースの粗利益率は36%で前期(51%)および前年同期(57%)と比べて縮小した。サーバー向けプロセサの平均販売価格が大幅に下落したことや,ATI事業統合などが影響した。

 当期におけるマイクロプロセサの出荷数は前年同期と比べ26%増加,前期からは19%増加した。モバイル向けが特に好調で出荷数は前年同期比76%増,売上高は同85%増となり,ともに過去最高を記録した。デスクトップ向けは「AMD Athlon 64 X2」デュアルコアがけん引した。サーバー向け全般は出荷数が前期から横ばい,平均販売価格は大幅に低下した。

 通期の売上高は56億4900万ドルで前年比44%増加した。純損失は1億6600万ドル(希薄化後の1株あたり損失は34セント)で,前年の純利益16500万ドル(希薄化後の1株あたり利益は40セント)から赤字に転落した。なお,ATI事業を除いた場合の売上高は52億5100万ドルで前年比33%増となる。

■2006年第4四半期の業績(単位:100万ドル)
売上高 2006年Q4 2006年Q3 2005年Q4 前期比 前年同期比
AMD(ATI事業を除く) $1,374 $1,328 $1,351 3% 2%
ATI事業 398 NA NA    
AMD全体 1,773 1,328 1,351 34% 31%
営業損益 2006年Q4 2006年Q3 2005年Q4 前期比 前年同期比
AMD(ATI事業を除く) 63 142 272 -56% -77%
ATI事業 -13 NA NA    
非GAAPベースのAMD全体 50 142 272 -65% -82%
買収/統合関連費用 550 6 NA    
株式報酬費用 27 17 4    
GAAPベースの営業損益 -527 119 268    

■2006年通期の業績(単位:100万ドル)
売上高 2006年 2005年 前年比
AMD(ATI事業を除く) $5,251 $3,935 33%
ATI事業 398 NA  
AMD全体 5,649 3,935 44%
営業損益 2006年 2005年 前年比
AMD(ATI事業を除く) 600 548 9%
ATI事業 -13 NA  
非GAAPベースのAMD全体 587 548 7%
買収/統合関連費用 557 NA  
株式報酬費用 77 5  
GAAPベースの営業損益 -47 543  

 また同社は今後の見通しについても明らかにした。2007年第1四半期は季節的要因により低迷が予想され,売上高は16億~17億ドルの範囲とみる。