PR
不適切なキーワードの書き込みを制御できる
不適切なキーワードの書き込みを制御できる
[画像のクリックで拡大表示]
Webページ内の単語が不適切な場合は伏せ字になる
Webページ内の単語が不適切な場合は伏せ字になる
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2007年1月29日、同社が提供するフィルタリングサービス「Yahoo!あんしんねっと」を無料で提供すると発表した。

 Yahoo!あんしんねっとは主に子供にとって不適切なWebサイトをしゃ断するサービス。2006年6月に開始し、これまではYahoo! BB会員とYahoo!プレミアム会員という有料会員向けに提供していた。今回からはYahoo!JAPAN IDを取得した無料会員も利用できるようになる。ソフトはこのサービスのWebサイトからダウンロードして利用する。

 今回から新たに「キーワードフィルタリング」を採用。あらかじめ同社が設定しているキーワードがWebサイトに存在していた場合に閲覧を制御することができる。同様のキーワードを子供自身が掲示板などに書き込もうとした際にもブロックが可能。Webサイト自体は不適切ではなくても、そのサイト内に不適切なキーワードが含まれている場合には、そのキーワードを「*」マークで伏せ字に変換して表示する。キーワードフィルタリングは、Webページ内のすべての単語をクライアント側に保存しているキーワード辞書で調べることになるが、「Webページの表示速度が遅くなることはほとんどない」(ヤフー)という。

 Yahoo!あんしんねっとにおけるWebサイトのしゃ断方法には2種類ある。ひとつは「Yahoo!きっず」が推奨するWebサイトだけを閲覧できる設定、もうひとつは「アダルト」「暴力」「掲示板」などに関するWebサイトをしゃ断する設定になる。「小学生以下」「中学生」など、年齢に応じた標準設定を選択してフィルタリングをすることも可能。1日の利用時間を制限したり、子供が閲覧したWebサイトのアクセス履歴の閲覧もできる。