PR
Quad FXを採用した「INSPIRE X FX70XN/DVR-88GTX」(アロシステム)
Quad FXを採用した「INSPIRE X FX70XN/DVR-88GTX」(アロシステム)
[画像のクリックで拡大表示]

 AMDは2007年1月27日、1つのマザーボードに対してデュアルコアCPUを2つ搭載する新プラットフォーム「Quad FX」と、Quad FX向けの新CPU「Athlon 64 FX70」シリーズの発売を開始した。同時に、5つのパソコンメーカーがQuad FX採用パソコンを発表した。

 Quad FXは2006年11月に発表済みのハイエンドパソコン向けのプラットフォーム。マザーボードに2つのCPUソケットを用意する。デュアルコアCPUを2つ搭載することで、合計4つのCPUコアを持つことになる。将来的には、4つのCPUコアを持つクアッドコアCPUを2つ搭載することで、合計8つのCPUコアを持つことができるようになる。

 Quad FX対応の新CPU「Athlon 64 FX70」シリーズは、動作周波数が2.6GHzの「FX-70」、2.8GHzの「FX-72」、3GHzの「FX-74」の3種類を用意する。2個セットのパッケージ価格はFX-70が8万2300円、FX-72が11万300円、FX-74が13万7200円となる。

 アロシステム、マウスコンピューター、サードウェーブ、九十九電機、ユーザーズ・サイドの5社が、Quad FXを採用したパソコンを発表。アロシステムが販売するFaithブランドのQuad FX採用パソコン「INSPIRE X FX70XN/DVR-88GTX」は、CPUにAthlon 64 FX-70、メモリー2GB、ハードディスク容量が150GB、グラフィックスがnVIDIA製のGeForce 8800GTXで、価格は37万8000円。