PR
TWO TOP店内では大型ディスプレイで「Windows Vista」の機能を説明。大勢の人が集まっていた
TWO TOP店内では大型ディスプレイで「Windows Vista」の機能を説明。大勢の人が集まっていた
[画像のクリックで拡大表示]
TSUKUMO ex.前の行列の最後尾。撮影している間にも行列は伸びていた
TSUKUMO ex.前の行列の最後尾。撮影している間にも行列は伸びていた
[画像のクリックで拡大表示]
ヨドバシカメラ前のイベント会場は大混雑。イベントの様子を撮影しようと、背伸びしてデジカメや携帯電話を構える人がたくさんいた
ヨドバシカメラ前のイベント会場は大混雑。イベントの様子を撮影しようと、背伸びしてデジカメや携帯電話を構える人がたくさんいた
[画像のクリックで拡大表示]

 2007年1月29日深夜から30日未明にかけて、秋葉原では「Windows Vista」の発売を記念するさまざまなイベントが開催された。ただ、一口に発売記念イベントといっても、エリアによってその内容はかなり異なる。各イベントの詳細は他の記事に譲るとして、ここでは29日午後11時ごろから30日の午前0時過ぎまで、秋葉原のPCパーツショップ、中央通り沿い、ヨドバシカメラ周辺での熱気をお伝えする。

 29日の午後11時ごろ、秋葉原中央通りから1ブロック西のエリアではクレバリーやTWO TOPなどのPCパーツショップがイベントを実施していた。これらの店舗では、大型のディスプレイを配置し、店員がWindows Vistaの機能を紹介するイベントの真っ最中。TWO TOPでは店先の狭いスペースにひしめき合うように人が集まり、説明に耳を傾けていた。購入前の行列などはなく地味だったが、ユーザーの静かな熱気が伝わってくるようだった。

 ほぼ同時刻に中央通り沿いのTSUKUMO ex.前には既に長蛇の列があった。店員に聞くと、午後11時の時点で150人を超えているという。集まった人たちは「Windows Vista Ultimate αを購入する人が多い」(ツクモex.店員)ということで、やはりパソコンのヘビーユーザーが多かったようだ。行列は20メートル以上続いていたが、TSUKUMO ex.ではDSP版のみの販売で支払いと引換券の配布は既に始まっていたこともあり、それ以上の目立った混雑は見られなかった。

 前の2つのエリアに対し、店頭が最も混雑していたのがヨドバシカメラマルチメディアAkibaだ。ここではタレントの川村ゆきえさんを呼んでのカウントダウンイベントが行われるということもあり、多くの人が集まった。

 司会者が呼びかると歓声が起こり、盛り上がりを見せる。周囲にはこのような様子を遠巻きに見つめる仕事帰りの女性のグループなどもいた。また、ヨドバシカメラ前のイベント会場は秋葉原駅構内からガラス越しに見下ろせることから、駅構内からイベントを見ている見物人も多かった。カウントダウンとともに大きなくす玉が割れると、会場はもちろん、駅構内からガラス越しに手をたたく人もおり、“お祭り色”が最も濃かった。