PR

 米Symantecは米国時間1月29日,IT管理ソフトウエア・ベンダーの米Altirisを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。取引は2007年第2四半期に完了する予定。

 Altirisの株主は,Altiris株式1株当たり33ドルを現金で受け取る。取引総額は約8億3000万ドルにのぼる見込み。

 Altirisは,パソコンやモバイル・デバイス,サーバー,ストレージといった企業ネットワークのエンドポイントを管理するためのソフトウエアを手がけている。SymantecはAltiris買収により,企業向けエンドポイント管理およびセキュリティ事業の強化を図る。

 またSymantecは,新たな企業向けコンテンツ管理スイート「Symantec Information Foundation 2007」を同日発表した。データ喪失やポリシー侵害の危険性を取り除くとともに,デジタル・データ開示(E-Discovery)要件への効果的な対応を支援するとしている。

 同スイートは,「Symantec Enterprise Vault」「Symantec Enterprise Vault Discovery Accelerator」「Symantec Enterprise Vault Compliance Accelerator」「Symantec Mail Security 8300 Series」「Symantec IM Manager」「Symantec Information Foundation Mail Security for Exchange」「Symantec Mail Security for Domino」「Symantec Web Security for Microsoft Internet Security/Acceleration Server(ISA)」から成る。

 Symantec Information Foundation Mail Security for Exchangeは新バージョン「6.0」のベータ版を同日より公開する。正式出荷は3月を予定している。

  Symantec Information Foundation 2007のライセンス料は,1ユーザー当たり年間95ドル。ボリューム・ライセンスや複数年契約のディスカウントも用意する。

発表資料(1)
発表資料(2)