PR

 米ZINK Imagingが米国時間1月30日,インクを使わず特殊な用紙にカラー画像を印刷するプリント技術「Zero Ink(ZINK)」を発表した。同技術に対応したプリンタは,ZINK Imagingのパートナ企業が2007年後半より提供する見通し。

 ZINK技術について,ZINK Imagingは「100件以上の特許および申請中特許で保護した“ZINK用紙”に鍵がある」としている。ZINK用紙は結晶状の染料を含んでおり,対応プリンタで加熱すると色が現れる。

 ZINK Imagingは,「このプリント技術によって,新たなモバイル印刷市場が出現する」としている。カメラ付き携帯電話機やデジタル・カメラなどと一緒に持ち運び,これまで印刷が不可能だった場所でも使えるという。

 なおZINK Imagingは,技術開発のほか,ZINK用紙の製造も手がける。

 なお米メディア(internetnews.com)によると,2007年下半期に登場するZINK対応プリンタの中には,プリンタ内蔵の700万画素デジタル・カメラがあるという。同メディアは,このカメラには10枚程度のZINK用紙を入れることが可能で,用紙の価格は1枚当たり約20セントと報じている。

[発表資料(PDF形式)]