PR

 マイクロソフトは2007年2月5日,データベースを使ったアプリケーションの開発ツールである「Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals 日本語版」を3月に出荷すると発表した。3月1日に企業および法人向けに「マイクロソフト ボリューム ライセンス」を通じて提供を開始する。個人向けパッケージは3月23日に提供を開始する。同時に,開発用のソフトウエア/サービス提供する「Visual Studio with MSDN Subscription」の最上位である「Visual Studio Team Suite with MSDN Premium Subscription」などの会員に対してもダウンロードでパッケージを提供する。

 ボリュームライセンスの参考価格は,「Select レベルA」が44万2300円(税別),「OPEN Business」が58万5000円(税別)。パッケージの参考価格は,通常版が75万円(税別),「Visual Studio Team Suite with MSDN Premium Subscription」などを持っているユーザーのための更新パッケージが31万5000円(税別)。

 同製品は,データベース・アプリケーションの開発に特化した様々な機能を持つ。具体的には,データベースのスキーマ変更に対応した「データベース変更管理支援機能」,アプリケーションの品質を向上させるための「データベース・テスト支援機能」,低リスクのデータベース開発を可能にする「オフライン開発機能」である。