PR
写真 チェックポイントの「UTM-1 450」
写真 チェックポイントの「UTM-1 450」
[画像のクリックで拡大表示]

 チェックポイント・ソフトウエア・テクノロジーズは2007年2月6日,複数のセキュリティ機能を搭載した中規模組織向けのアプライアンス装置「UTM-1」を発表した(写真)。3月1日より受注を開始する。価格は123万8000円(税抜き)から。

 初期状態でIPsec VPN(仮想閉域網)やファイアウオール,IPS(侵入防止),ウイルス対策ゲートウエイ機能が入っているほか,URLフィルタリングやSSL VPN機能,Webアプリケーション・ファイアウオール,スパイウエア対策ゲートウエイ機能をオプションで追加できる。同社は,これまで同様の機能をソフトウエア製品として提供してきた。

 UTM-1の特長は従来のソフトウエア製品と比べて簡単に設置できる点。電源を投入し簡単な設定をすれば10分程度で使用を開始できる。同社の杉山隆弘社長は「企業ネットワークのセキュリティ・レベルを維持するためには,すべての拠点,端末を同じセキュリティ・レベルに保つ必要がある。UTM-1は従来のチェックポイント製品と同じコンソールで設定やポリシーの配布が可能だ。企業の支社などでは管理者がいないといった問題がある。既に本社に導入しているチェックポイント製品とUTM-1を組み合わせることでセキュリティ・レベルを向上できる」という。