PR
写真 F5ネットワークスジャパンが展示しているWAN高速化装置(写真下の「WANJet 500」が2月7日に発表した新製品)
写真 F5ネットワークスジャパンが展示しているWAN高速化装置(写真下の「WANJet 500」が2月7日に発表した新製品)
[画像のクリックで拡大表示]

 F5ネットワークスジャパンは2月7日,WAN高速化装置の新製品「WANJet 500」の販売を開始すると発表し,東京ビッグサイトで開催中の「NET&COM2007」で初お披露目した(写真)。WANJet 500は,同社が最上位に位置付ける機種。ディザスタ・リカバリなど,拠点間で大容量のデータ通信が発生する用途に向くという。

 F5はこのWANJet 500に,WAN高速化装置としては初めてキャッシュ用ハード・ディスク(250GB)を搭載できるようにした。基本的な処理性能も高め,最大2万のコネクションを最適化できるという。この処理能力は,従来の最上位機種であるWANJet 400の約1.5倍に相当する。

 最適化できるWANの帯域幅は最大622Mビット/秒。販売価格は220万円から。ただし最適化するWANの帯域幅などによって変動する。