PR

 米シスコは、同社の会計年度で2007年第2四半期(2006年11月~2007年1月)における業績を発表した。同期の売り上げは84億ドル、純利益は一般会計基準(GAAP)ベースで19億ドル、プロフォーマ・ベースでは21億ドルと、売り上げに占める利益率は非常に高い。

 今期の売り上げは前年同期に比べて27.3%増加した。2006年第3四半期に買収したサイエンティフィック-アトランタ(SA)による増分は6億3900万ドルあったが、本体も大きな伸びを示したことになる。SA事業単独の伸びは21%増、従来のシスコの事業の伸びは18%増だった。GAAPベースの純利益は39.7%増となった。

 発表では、同社CEO(最高経営責任者)兼会長のジョン・チェンバース氏が「地域的にも製品分野、サービス、顧客部門などの観点でバランスがとれた決算だった」とコメントを出している。