PR

 開発ツール大手のボーランドは,Javaアプリケーションの統合開発環境の新版「JBuilder 2007日本語版」を,2007年2月14日に販売開始した。新たにオープン・ソースのJava統合開発環境であるEclipseベースとした。出荷開始は2007年2月28日。製品ラインアップは機能に応じて3種類で,価格は個人開発者を対象としたエントリ製品のDeveloperが5万円,ミッドレンジのProfessionalが10万2900円,チーム開発向けのハイエンド製品であるEnterpriseが31万5000円。開発会社は米Borland Softwareの開発子会社である米CodeGear。

 JBuilder 2007は,Java統合開発環境の新版。オープン・ソースのJava統合開発環境であるEclipseベースとすることで,Eclipseユーザーが違和感なくJBuilderの開発機能を利用できるようになる。Eclipse環境への移行にあたり,旧版のJBuilderの開発プロジェクトを新版にマイグレーションするツールなども装備する。

 新版ではまた,Enterprise Java Beans(EJB)やWeb Services関連部品のビジュアル開発を可能にした。例えば,EJBの部品の一つで,自身はデータを保持せずにデータベースに対する参照を提供するEntity Beanを,既存のデータベースのスキーマから生成できる。また,EJBやJavaのクラスをWeb Service化する機能を持つ。

 さらに,Javaアプリケーションの性能チューニングの機構として,性能のボトルネックをドリルダウンによって解明するプロファイラ「Optimizeit 2007 for Eclipse」を製品に添付した。JVMPI(JavaVM Profiler Interface)経由でJavaVMのメモリー使用状況などを監視することで,性能のチューニングに役立てるのが狙い。

 上流工程のための機能として,UML(Unified Modeling Language)ベースのソフトウエア・モデリング・ツールであるTogetherを搭載した。BPMN(Business Process Modeling Notation)の作成と検証,BPEL4WS(BPEL for Web Services)の取り込みやBPNMからBPEL4WSへの変換,UMLモデルとJavaコードの相互変換といった機能を提供する。