PR
写真1 サムスンが実施しているモバイルWiMAX Wave2のデモ。表に出ているのは1台の端末のみだが,机の下にあと4台の端末が隠れている
写真1 サムスンが実施しているモバイルWiMAX Wave2のデモ。表に出ているのは1台の端末のみだが,机の下にあと4台の端末が隠れている
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 モバイルWiMAX Wave 2に対応した携帯電話用のチップセット
写真2 モバイルWiMAX Wave 2に対応した携帯電話用のチップセット
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 モバイルWiMAXに対応したWindows XP搭載の通信端末
写真3 モバイルWiMAXに対応したWindows XP搭載の通信端末
[画像のクリックで拡大表示]

 既に「Wibro」という名前でモバイルWiMAXのサービスが始まっている韓国。スペイン・バルセロナで開催中の「3GSM World Congress 2007」の会場では,韓国のサムスンが一歩先を行くモバイルWiMAXのデモを実施している。

 それが,2本のアンテナを使うMIMO(multiple-input multiple-output)技術を使った「モバイルWiMAX Wave 2」だ。Wave2では,現行のモバイルWiMAXの2倍の速度である最大40Mビット/秒,上り12Mビット/秒を実現できるという。

 会場では,5台の端末に対して映像などを送受信する様子をデモンストレーション(写真1)。下りのピーク速度はおよそ34Mビット/秒,上りは8Mビット/秒を記録している。同社によると,下りの平均スループットはおよそ27Mビット/秒程度だという。

 このほかサムスンのブースでは,モバイルWiMAX Wave 2に対応した携帯電話用のチップ(写真2)や,現行のモバイルWiMAX対応端末(写真3)など,様々なWiMAX対応製品を展示中だ。

 同社のモバイルWiMAX Wave 2システムは,米スプリントが今年度中に導入することを明らかにしている。