PR

 ソフトウエア・ベンダーの米VirnetXは,米Microsoftを特許侵害で訴えたことを米国時間2月15日に明らかにした。2件の特許を侵害されたと主張し,テキサス州東地区連邦地方裁判所に訴訟を申請した。

 VirnetXが問題としているのは,安全な仮想私設網(VPN)の構築手段に関する特許と,VPNの簡潔な構築を実現する手法およびシステムに関する特許。

 同社はMicrosoftに対し,損害賠償の支払いと特許技術の使用禁止を求めている。なお,同社が特許侵害に当たると考えるMicrosoft製品のリストは明らかにしていない。

[発表資料へ]