PR

 米Appleと米Cisco Systemsは,商標を巡る交渉をさら延長する。Ciscoが米国時間2月15日に明らかにした。

 問題となっている商標は「iPhone」。Ciscoの事業部門であるLinksysの登録商標で,Linksysが2000年に米Infogear Technologyを買収した際に取得した。Linksysは2006年12月18日に,iPhoneの名称でIP電話機ファミリを発表している(関連記事)。

 今年1月9日,AppleがiPhoneという名称の携帯電話を発表,6月に市場投入する計画を明らかにした。CiscoはただちにAppleを商標侵害で米カリフォルニア州北部連邦地方裁判所に提訴し,商標の使用差し止めを求めていた(関連記事

 しかし両社は,AppleがCiscoの提訴に対応するための期間を延長することで合意し,1月31日に共同声明を発表。今回の延期は2度目となる。

 Ciscoは,「今回の延長期間を使って,相互にとって利益ある解決法を導き出すことに全力を尽くす」と述べている。

[発表資料へ]