デジタルガレージグループで不動産広告大手の創芸と、価格比較サイトを運営するカカクコムは2月19日、新築分譲マンションの情報を提供する「mansion DB」を4月中旬に開設すると発表した。

 同サイトはWeb2.0の技術を使うことで、ユーザー自身がマンションに関連する情報を、ブログなどの口コミ情報を含めて調べられるようにした。東京23区内などのエリア名や地図から、条件を指定して、目的のマンション情報を検索できるだけでなく、地図上にある学校、病院などの周辺施設やレストランをクリックすれば、それらについての口コミ情報も入手できる。具体的には、テクノラティジャパンのブログ検索サービス(technorati.jp)によるブログ情報、カカクコムが運営するレストランの口コミ・サイト(tabelog.com)と連携して、それらの情報を表示する。また、こだわり検索機能では、子育ての快適性、立地利便性などの環境や立地条件など80の詳細な条件を設定できる。

 mansion DBは4月中旬に、関東、東海、近畿の三つの地域から情報提供を開始する。今後、対象エリアを広げていく計画だ。