PR
写真1 IEEE 802.11b/gの無線LAN通信機能を搭載した「COOLPIX S50c」
写真1 IEEE 802.11b/gの無線LAN通信機能を搭載した「COOLPIX S50c」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクテレコムは2月20日,ニコンが同日発表したデジタルカメラの新製品「COOLPIX S50c」向けに,同社の公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」を1年間無償で利用できるようにすると発表した。COOPIX S50cの価格はオープンで,市場参考価格は4万円前後。

 COOLPIX S50cはニコンが2007年4月に発売する,IEEE 802.11b/gの無線LAN通信機能「COOLPIX CONNECT」を搭載したデジタルカメラの新機種(写真1)。出荷時からBBモバイルポイントのユーザーIDとパスワードがあらかじめ設定されており,ユーザーはSSID(service set identifier)やWEP(wired equivalent privacy)などを設定しなくても,購入して即座にBBモバイルポイント経由でインターネットに接続できる。

 COOLPIX S50cの新機能を使い,外出先から撮影した画像をニコンの専用サーバーにアップロードしたり,アップロードした画像の保存先URLをあらかじめ登録したアドレスにメールで通知したりする用途を想定する。

 BBモバイルポイントを無料で利用できるのは,利用開始から1年間まで。それ以降は,BBモバイルポイントのユーザーID/パスワードを再取得する必要がある。NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」など,他の公衆無線LANサービスを利用することも可能だ。