PR

 日本BEAシステムズは2月20日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に関連する情報を集めたWebサイト「SOAリソースセンター」を公開した。企業システム全体の設計者であるシステム・アーキテクト向けで、ユーザー企業、ベンダー企業の双方を対象に、BEAが所有するノウハウの一部や、同社が提供している業種別システム構築サービスの概要を紹介する。

 同サイトには、独自に策定した、SOAに基づくシステムを構築するためのガイドライン「SOA/ESBベストプラクティス」の一部を掲載する。SOA/ESBベストプラクティスは同社がシステム構築コンサルティングに使用するノウハウ集で、国内20件を超す、導入検証コンサルティングの結果を基にしたもの。全体で約400ページからなるが、サイトにはそのうちの最初の28ページ分を掲載する。

 このほかユーザー企業向けには、実際にSOAに基づくシステムを構築するために何をする必要があるかなどの情報を、ベンダーにはSOAに基づくシステム構築を顧客に提案する際のポイントなどを掲載する。同社はこれまでも、SOA関連のWebサイトを運営していたが、SOAリソースセンターの開設を機に廃止する。これまでは、SOAの考え方の解説などが中心だった。