PR

 米ViacomとルクセンブルグJoostは米国時間2月20日,コンテンツ提供に関する提携関係を結んだと発表した。ViacomがJoost社の映像コンテンツ配信サービス「Joost」の主要パートナとなり,Viacom傘下のテレビ・ネットワークの番組を提供する。

 Joostは,Skype共同設立者のNiklas Zennstrom氏とJanus Friis氏による新プロジェクト。1月16日まで「The Venice Project(仮称)」と呼ばれていたが,ベータ・サービスが開始されるなど,徐々に詳細が明らかにされている(関連記事)。

 同サービスではP2P技術をベースとしたプラットフォームを使って,番組のストリーミング配信を行う。ユーザーはパソコンにインストールした無償のクライアント・ソフトを介して,テレビと同じように番組を楽しめる。インタラクティブなインタフェースを特徴としており,番組検索やチャット,コンテンツに関するリンクやWebサイトへのアクセスが可能。同社は,「Web 2.0を用いてテレビとインターネットの良さを融合した」と説明する。

 提携により,Viacom傘下のMTV Networks,BET Networks,Paramount Picturesのテレビ番組や映画をJoostで視聴できるようになる。

 Joost社共同設立者のJanus Friis氏は,「配信プラットフォームは,Viacomのような企業を念頭に一から作り上げているため,拡張性を備えている。またコンテンツ所有者や広告主の利益を保護できる安全なプラットフォーム」と述べている。

[発表資料へ]