PR
EMCジャパンの中堅企業向けストレージ装置「CLARiX CX3-10」
EMCジャパンの中堅企業向けストレージ装置「CLARiX CX3-10」
[画像のクリックで拡大表示]

 EMCジャパンは2月21日、中堅企業が導入しやすいように価格を抑えたストレージ装置「CLARiX CX3-10」(写真)と災害対策用ソフト「RecoverPoint/SE CRR」、「同CDP」を発表・出荷した。前者は最大容量を低めにして本体価格を抑えた上で、従来有料だったオプションを同梱。後者は対象ストレージを限定することで、価格を従来の3分の1程度に設定した。

 CLARiX CX3-10が搭載できるディスクは、最大30テラ・バイト。ディスク・ドライブには、ファイバ・チャネルとシリアルATAの二つを混在させられる。サーバーとの接続には、4Gビット/秒のファイバ・チャネルと、1Gビット/秒のiSCSIの二つのインタフェースを利用可能。

 同製品の価格は、500Gバイトのディスクを5本搭載した最小構成が298万円から。さらに、サーバーとの接続を2重化して負荷分散したり、障害時のフェール・オーバーで利用したりするためのソフトウエア「EMC PowerPath」を同梱する。同ソフトは、既存製品では、有料オプション製品で提供しているもの。その価格は、一つのパスに対して約20万円程度である。

 RecoverPoint/SE CRRは、遠隔地に設置したストレージ装置間で、非同期にデータを複製するレプリケーション機能を提供する。遠隔地に送信する複製データを圧縮できるため、災害対策用途に向く。一方のCDPはサーバーとの入出力(I/O)のログを記録するソフト。ブロック単位で、I/Oが発生した時刻やアプリケーションの実行内容を記録するため、障害時の復旧時間短縮に有効だ。

 価格は、RecoverPoint/SE CRRは870万円から、同CDPは770万円から。ともに、対象ストレージ装置をミッドレンジの「CLARiX CXシリーズ」と「同CX3シリーズ」に限定したことで、従来の3分の1程度に価格を抑えた。