PR
写真1 「Vine Linux 4.1CR」のデスクトップ
写真1 「Vine Linux 4.1CR」のデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 Project Vineは2007年2月22日,Linuxディストリビューションの新版「Vine Linux 4.1」を公開した。Project VineのWebページ(http://vinelinux.org/)からCD-ROMのISOイメージをダウンロードできる。

 Vine Linuxは,国内のコミュニティであるProject Vineが開発する,無償で入手して使えるLinuxディストリビューション。独自の日本語フォントを採用するなど,日本語環境が充実している。また,システム全体がCD-ROM1枚のインストール・メディアに収まるのも特徴だ。

 Vine Linux 4.1は,2006年11月に公開されたバージョン4.0(関連記事の「画面で見る最新Linux『Vine Linux 4.0』」)のバグ(不具合)を修正したもので,新機能は追加されていない。

 また,Project Vineと日本ブレインウェアは同日,「Vine Linux 4.1CR」(写真1)を発売した。Vine Linux 4.1をベースにしたパッケージ製品である(関連記事)。

 Vine Linux 4.1CRには,オムロンソフトウェアの「Wnn8 for Vine Linux」(Intel版のみ)やリコー製の日本語フォントなどの商用ソフトウエアと,インストール・サポートが付属する。パッケージには,CD-ROM版のほか,DVD-ROM版が同こんされる。DVD-ROM版には,Project VineのWebページで用意されているアプリケーション集「VinePlus」の中からオフィス・ソフトの「OpenOffice.org」などが標準で含まれる。Vine Linux 4.1CRの価格は1万5540円。