PR
ニフティが正式サービスを開始した新Webメール
ニフティが正式サービスを開始した新Webメール
[画像のクリックで拡大表示]

 ニフティは2007年2月27日、システムの不具合で公開を延期していた新バージョンのWebメールを公開した。

 新しいWebメールは、Ajaxを使って通常のメールソフト同様の操作を可能にしたのが特徴。ドラッグ・アンド・ドロップでの操作やDeleteキーによるメールの削除などが行え、文字サイズやデザインの変更もできる。利用対象者はインターネット・サービス・プロバイダー@niftyの会員で、利用料は無料。メールボックスの容量はブロードバンド回線ユーザーの場合100MB、ダイヤルアップ回線ユーザーの場合20MBとなる。月額525円で300MBまで、月額2100円で2GBまで容量を増やすこともできる。

 このWebメールサービスは、2006年6月にベータ版を公開し、2007年1月29日に正式版を公開する予定だったが、公開予定当日に不具合が発生し、公開が先延ばしになっていた。同社によれば、このWebメールで導入した新しい認証システムによって負荷増大が発生し、処理能力が低下したためだったという。