PR

 米Linden Labは米国時間2月27日,同社の仮想世界オンライン・ゲーム「Second Life」に音声機能「3D Voice」を追加することを明らかにした。Second Lifeのユーザー(住人)は,すでに提供しているインスタント・メッセージング(IM)チャット機能に加え,音声によるやりとりが可能となる。1対1の会話のほか,複数ユーザーでの会話も可能。

 住人は,自身が所有する‘土地’あるいは‘島’における音声機能のオン/オフを設定できる。音声機能が有効な場所では,自動的に音声会話が始められ,距離関係によって音声の強弱が変化する。最大100ユーザーが同一チャンネルを利用できる。

 同社は,音声機能がSecond Lifeを学習およびトレーニング向けコラボレーション・ツールとして利用している教育者や組織,企業にとって,特に利用価値が高いものになると期待している。

 まず1000人のユーザーを対象に限定的なベータ・プログラムを来週開始し,その後,既存ユーザーに向けてトライアルを実施する。正式な音声機能実装は2007年第2四半期を予定している。米Vivoxと米DiamondWareの音声技術を利用する。

[発表資料へ]