PR

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とロシアの通信事業者トランステレコムは2月27日,日本・ロシア間に光海底ケーブルを建設することで合意したと発表した。北海道石狩市とサハリン州ネベルスク市のおよそ500kmを結ぶ「HSCS」(Hokkaido-Sakhalin Cable System)を共同で敷設する。2007年末をめどに完成させる計画だ。伝送容量は最大640Gビット/秒。

 NTTコムは,HSCSはトランステレコムが持つ光バックボーンとつなぎ,日本とロシアおよび欧州を結ぶ最短ルートとして使用する。同社は欧州に至るルートとしてインド洋回りと米国回りを既に持っているが,ロシア回りの新ルートを使うことで通信の遅延が減ると見ている。また経路が増えることで,通信サービスの耐障害性がより高まることも期待している。