PR
@nifty TimeLine β。マウスでスムーズに動かすことができる
@nifty TimeLine β。マウスでスムーズに動かすことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 ニフティは2月28日,ユーザーが時間軸に沿った情報を投稿し共有できるサービス「@nifty TimeLine β」を公開した。構築にはRuby on Railsを採用。Rubyの作者まつもとゆきひろ氏が在籍するネットワーク応用通信研究所と共同で開発した。

 「@nifty TimeLine β」はユーザーが時間を持つ情報を投稿すると,年表のような「タイムライン」上に表示されるサービス。情報はユーザー間で共有し,コメントを付けることもできる。自分史や子供の成長記録,歴史上の人物の年表といった使い方が可能。

 マウスでタイムラインをつかんでスムーズに動かすことができる。また情報をクリックすると詳細が拡大表示される。

 個人のブログやホームページに、ブログパーツとしてタイムラインを設置できる機能もある。


このような形でブログなどに貼り付けることができる。

 タイムラインをブックマークしたり,タグを付加したりすることも可能。得点投票機能もあり,タイムラインを評価することもできる。

 「@nifty TimeLine β」は,ニフティの先進的なサービスを研究する部門である「@niftyラボ」が開発した。