PR

 米Googleは,地域検索/地図検索サービス「Google Maps」に道路の混雑状況を表示する機能を追加した。Googleソフトウエア技術者のDavid Wang氏が米国時間2月28日,同社の公式ブログへの投稿で明らかにしたもの。カリフォルニア州サンフランシスコ,ニューヨーク州ニューヨーク,イリノイ州シカゴ,テキサス州ダラスなど米国の主要都市30カ所以上で,渋滞の程度を色分けして示す(表示例:ニューヨーク)。

 渋滞情報は,Google Mapsの地図画面上部に新設された「Traffic」をクリックすると,地図に重ね合わせて表示できる。道路上の色が移動速度の目安になっており,「赤は動いたり止まったり,黄色はディナーに少し遅れる程度,緑は順調」(Wang氏)という。

 「渋滞を解消することはできない。しかし,Google Mapsができるだけ多くの場面で渋滞回避に役立ってくれればと思う」(Wang氏)。

[Wang氏の投稿]