PR
「Web給金帳 V2 メール版」の操作画面例
「Web給金帳 V2 メール版」の操作画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 インターコムは2007年3月1日、給与、賞与、源泉徴収票などの明細を電子メールで配信する「Web給金帳 V2 メール版」を3月14日より発売を開始すると発表した。同ソフトは、市販の給与パッケージソフトと連携して明細を配信する点が特徴である。明細をメールで配信することにより、明細用紙や専用封筒などにかかるコストや印刷コスト、郵送コストなどを削減できるとしている。なお、2007年1月には、受給者の承諾を得られれば電磁的な方法で明細を提供できる「給与所得の源泉徴収票等の電磁的方法による提供(電子交付)」が、所得税法の改定により認められたことが背景にある。

 対応する給与パッケージは、「給与大臣」(応研)、「給与奉行」(オービックビジネスコンサルタント)、「PCA給与」(ピー・シー・エー)、「弥生給与」(弥生)である。帳票で利用している項目名を各パッケージソフトに合わせているため、インストール時に、利用している給与パッケージソフトを選択すればメールで配信する設定が終わる。

 給与奉行または給与大臣と組み合わせて利用する場合は、それぞれのデータベースと直接連携する。PCA給与または弥生給与との場合は、いったん会計パッケージソフトから出力したCSVファイルを取り込む。配信するメールにはPDFファイル化した明細を添付する。携帯電話向けメールの場合は、テキストデータとして明細を配信することも可能。

 価格は10万5000円(50クライアント)から。年間保守を含む価格は11万5500円(50クライアント)から。